子供にとって多彩な活用方法が想定されるスマホ

2018年1月16日

子供がスマホを利用する際には、多彩な活用方法が想定できるのではないかと認識されています。

以前よりも小さな子供がスマホを操作する機会や時間は、少しずつ増加してきていると考えられています。

そのため、子供がどのような目的でスマートフォンを利用するかについても、多様化が見受けられるようになり始めていると言えるのではないでしょうか。家族とのコミュニケーションツールとして利用することが最もポピュラーであると考えられているものの、勉強の補助や調べ物の際にスマホをうまく取り入れる子供の存在も、最近では幅広く見受けられています。

利用方法や目的が子供たちにとって幅広く見込まれることは、スマートフォンと上手く共生できる可能性を高めるとも見込まれていることから、良い傾向として評価されています。

様々なケースでスマートフォンの利用が想定されていることも、子供たちにとっては近年の大きな特徴として取り上げられています。

家族と相談しながら利用する際の方法やルールを決めることが多くなっていると認識されているものの、そのルールの範囲内でも複数の利用方法が考えられるのではないかと思います。

多くの利用目的は、使う子供たちにとってプラスに作用する可能性があると認識されているため、積極的にスマートフォンを取り入れる家族や世帯も、かつてより多くなっているのではないかと推測されています。初めてスマートフォンに触れる子供にとっては、少しずつ使える機能を増やしていきながらうまく利用できる環境が望ましいのではないかと、多方面で捉えられています。

子供向けのスマートフォンでは、あらかじめ利用できる機能やアプリが制限されていることから、使いたい目的にのみ利用できるという特色が色濃く出ています。

安全に利用できることに加えて、SNS等のトラブル抑制にも期待が持てると予測されており、子供たちがこうしたスマホからデビューするケースも高い割合で見受けられています。また、標準的なスマートフォンでも、利用できるアプリを絞って使わせる世帯が多くなっており、その中で様々な活用目的を見出す動きが出てきています。

TONEモバイルなどの子供向けスマホも出ています。

子供たちにとっては、数多くの機能の中から取捨選択して、自分にとって適切な利用方法を考えるという能力が養成できると期待されており、そのような点がメリットとして挙げられています。

子供たちにとっては、これまで以上に有意義なスマホの活用方法が複数編み出されていくのではないでしょうか。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。