家族との連絡手段がメインとなる子供のスマホ利用

2018年1月16日

子供がスマホを利用する際には、家族との連絡手段として活用することが最も多いのではないかと考えられています。

習い事や塾などで家族との連絡をとったり、帰宅する際に通知したりする際に役立てられているとみられています。

このような家族とのコミュニケーションを図る際に利用される動きは、子供のスマートフォンの利用に関しては最も高い頻度で行われていると考えられ、子供たちの安全を確保するメリットを引き出しています。

また、このような目的で子供たちにスマートフォンを持たせている保護者や家族も多いとされており、有効にスマホの仕組みが利用されているのではないかと思います。小中学生を中心として、こうした利用目的でスマートフォンが利用される機会は、年々増加の一途を辿っていると言えるのではないでしょうか。

スマートフォンでは、非常に多くの機能を利用することができるとされているものの、子供が利用するにあたっては使える機能をあらかじめ家族で話し合い、通話や連絡のみに限定して利用するケースが散見されています。

家族と利用する子供当人との間でしっかりとルールを決め、通話するためだけに利用していくというスタイルが浸透していると認識されています。また、子供によってはスマートフォンを家の中でのみ利用するように決め、必要な時だけ外出先での連絡手段として持たせられることも普遍的であるとみられています。

利用する際のルールや決め事が明確になることで、子供たちがスマートフォンを使ってトラブルを発生させるリスクを低減することにも繋がると考えられています。

家族との連絡を利用時の目的の中心に据える動きは、多くの世帯で見受けられているのではないかと推測されています。様々な機能が備わり便利なツールとしてスマホが浸透しているものの、利用する子供がまだ小さい場合には、柔軟に利用する機能を絞ってあげることも必要になるのではないかと考えられています。

このような形式で子供たちがスマホを利用する動きは、これまでに比べて更に高い頻度で見受けられていくことが予測されています。そのため、安全でかつ利用目的にしっかりとスマホの利用できる可能性が拡大するとも予測されており、関心が寄せられるトピックとして取り上げられるでしょう。子供にとっては、スマホが家族との意思疎通のとれる便利な手段として認識されると見込まれ、使われる機会が多くなることも想定されています。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。